ブログ

ロボット草刈りの一カ月後

人が草刈機で刈るのと、ロボット草刈機。どこが違うの?
違いはいろいろありますが、とある個人宅のお客様のところへ体験一カ月後の感想を頂きにいきました。

な、なんということでしょう!

クロノスの刈った場所(手前)一カ月後の様子。

刈った場所内を見比べても

全く刈っていない場所。一ヶ月前より成長。
クロノスがよく走った中央部。一カ月後。
細断された雑草がふかふかの雑草絨毯のように敷かれた状態になっていました。約一ヶ月で土が見えて来てます。細断された雑草なので土にかるのが早かったのでしょう。
一カ月後の人が機械で刈った部分(手前)

手動で刈った場所は、最初はきれいでも断裁された雑草がグランドカバーになっていない部分に種が落ち、一ヶ月で発芽、成長していました。
これで雑草を断裁してグランドカバーにしておくと、土に帰るのも早いし、雑草の発芽も抑制できることがわかりました。

斜面に面したところなので、吹き上げの風で細断された草が飛んで困ることはありませんでしたか?とお客様に尋ねましたが、「春一番が吹いた日も、窓に草がはりついたり、どこかに飛んで積もることもなかった」とのことでした。

そのお客様の感想は動画でご覧いただけます。

関連記事

ページ上部へ戻る