ブログ

梅雨前の草刈り

梅雨明けに草刈りをしよう!とご検討の方が多いです。
草刈リスト藤井からのご提案。
『草丈が伸びすぎないうちに切ったほうが草刈り料金が安くなる!』
小さい声ながら弊社がお客様におススメしていることです。

年間をとおして草刈りスケジュールを考えるのであれば、

  • 春先の草が延びはじめた頃から梅雨前。
  • 梅雨明けから夏休み前まで。
  • 残暑厳しく、まだまだ背の高い秋草が伸びてゆく9月の頃。

この3回、草を刈ると雑草成長の抑制ができるので、結果、手間がかからないということで、全体の年間草刈りコストを下げることができる、というわけなんです。

うちは、どの草刈りスケジュールが一番、コストを抑えられるのか?
法人の方、個人宅の方も、お気軽に下見と草刈りプランのご相談ください。

従来の“梅雨明けに草刈り”とは違う、低コストで雑草地を整備コントロールできる『楽々さ~』なご提案をさせて頂きます。

関連記事

おすすめ記事

  1. 2019.11.20

    小学校と跡地でロボモア実演

    小学校等の廃校跡地で実演を行いました。
  2. 2019.11.8

    定期草刈りのすすめ

    定期的な草刈りのメリットひどく伸びないうちに刈るので時間と労力をカットできる年間を通して美...
  3. 2019.10.7

    デモンストレーション

    テスト用のロボット草刈り機で市内各所でデモンストレーションをはじめました。
ページ上部へ戻る