ご挨拶

代表取締役 藤井義太

1998年 4 月 陸上自衛隊入隊
1998 年 7 月 第8特科連隊所属
2016 年 8 月 相浦駐屯地業務隊所属
2019 年 8 月 退官
2019 年 10 月 株式会社ASTを設立

ロボット草刈事業を起業した経緯

株式会社ASTの代表取締役、藤井義太です。
出身は佐賀県、現在は長崎県に在住しています。家族は妻が1人。 私のストーリーを語る上で父親の存在が不可欠であり、話は私の少年時代へ遡ります。
私は、4人兄弟の3番目で次男。会社を経営する両親の手伝いをしながら学校生活を送った普通の子でした。
 日中は仕事、夜は遅くまで経営の勉強をしていた父親を尊敬していました。父の仕事は新しいビジネスモデル提案で地域の活性化をになっていました。いつかは自分もそうなりたいと思い育ちました。
 しかし、私は自衛官への道へ進むことに。その頃には、父は病で床に伏せるようになっていきました。
そして「経営者になるよう育てて来た。いつかは経営者として歩んで欲しい」と言葉を残し、他界。

 自衛官として多忙な日々を送る中、熊本震災の支援の為、災害派遣の任務で熊本県益城町付近へ赴いた時、再び熊本を襲った地震に遭遇。 あの衝撃は忘れられません。ひっくり返る様な縦揺れに立つことも出来ず、私も他の隊員達も死を覚悟するほど危険な体験でした。
派遣活動が終わっても、まだまだ復興支援が必要だと感じ、災害ボランティアに参加。
瓦礫を撤去する作業でとある個人宅を訪問した時の事です。
 お住まいの老夫婦が「瓦礫を撤去してくれてありがとう!家も大した事なかけん!復旧してくれたお陰で前に進む元気が出たよ」と感謝を告げられ、大変な苦難を目の当たりに心を痛めていた私達の方が励まされるような言葉を頂きました。
誰かの支えが有れば人は前向きになり、命ある限り進む事が出来る、という大きな気付きを得るきっかけになりました。
 そして、人生は一度きり。いつ死ぬかも分からない。過ぎた時間も戻って来ない。後悔がない様に生きるべきだ。そして、もっと人々の生活の支えになる様な仕事がしたい。という想いが強くなっていきました。

社会を鑑みると、高齢化による問題や地方の人口減少など、身近に感じる社会課題があります。

 こうした問題に対する取り組みに興味が湧き始め、父の言葉を重ねて思い返す様に。革新的な技術や仕組みで社会課題を解決出来ないか考える様になります。
 所属していた陸上自衛隊の経験上、身近なところで国防の為の業務の時間を圧迫し、訓練の質の向上を阻害する「草刈り」にとられる時間は改善されるべきではと思うことがありました。
 時間と労力をかけて草を刈っても雑草はまたすぐに伸びる。毎年と言わず毎月の大きな負担です。
生活に欠かせない草刈ですが、熱中症による死亡事故等もおきる過酷さ。また民間では草刈り従事者の高齢化が進み、手が足りないということは、荒地が増えてゆくことに繋がります。放置された草むらからツタが空家を覆ってしまったり、害虫や害獣が住みつく問題や、花粉アレルギーを悪化させる原因にもなることも。

 私は、そういった社会課題のひとつ「草刈り」に焦点を当て、「革新的な技術と迅速に普及する革新的なシステム」がないか探し、従来の草刈り機やラジコン草刈とは全くちがう能力の自走型草刈りロボット、ロボモア【クロノス】と巡り合ったのです。
弊社はその開発メーカー岩手県花巻市にある和同産業株式会社の四国・九州の正規取扱い店となりました。
現在、テストを兼ねたデモンストレーション機で活動しております。

 草刈り従事者が過酷な「草刈り」から解放され、時間と労力を有効活用できる社会を目指す為、自衛官を退職し、【All Support Team】株式会社ASTを設立することになりました。
 長崎県佐世保市を拠点に、まずは西日本へのロボット草刈りの普及。先では市場をアジアや世界に向け、草刈りに悩まされる地域へ「楽らくさ〜」プロジェクトを推進していく所存です。 

 株式会社ASTは、世界へ向け「あなたと地域課題を解決する」事を目指し取り組み、父の遺言を胸に、ゆるぎない信念を持って私の理想を実現して参ります。これまでの人生経験が未来へ私を導いてくれたことに感謝して。   

PICKUP

  1. 小学校等の廃校跡地で実演を行いました。

BLOG

  1. 2020.8.28

    youtubeカボスTV出演

    大分県特産のカボスの美味しさを発信されているyoutubeチャンネルで、実演を収録して頂きました。
  2. 2020.8.23

    モアガールとうさみみクロノス

    ロボット草刈機クロノスを女性オペレーター【モアガール】が操作して草刈りをしています。
  3. 2020.8.10

    草管理のすすめ

    ロボットが草を刈ると、草が生えにくい状態になっていき植生が変わると言われています。
ページ上部へ戻る