お知らせ

10.12019

従来の草刈りとの違い

草刈りロボットが刈り取った後は、雑草の高さが均一になっており、グランドカバーのように整備された状態となります。
従来の草刈り機や鎌では草の高さが揃わず、刃で削られた地面が地面がむき出しになったりしていました。

ロボット草刈り機は雑草地の美観を整えることが可能です。

また、手動の草刈り機では小石を跳ねたり、フェンスなど障害物があるとはじかれたりするなど、危険な面もありました。
ロボット草刈り機は、指定の高さで刃が浮いていますので、小石を跳ねません。また、障害物はセンサーで自動的によけます。
刈取り区域を設定しますので、区域外にロボットがでてしまうこともありません。
傾斜にも対応し、最大30度の傾斜まで走行します(周囲の状況で変動します)。

過去の記事

  1. 8.282020

    福岡 手嶋ぶどう園様にて実演導入

    福岡県行橋市にある手嶋ぶどう園にて、ロボット草刈機クロノスの導入と、実演へ参りました。

  2. 8.72020

    カボスTVで実演

    youtubeチャンネル「カボスTV」にて実演体験を収録して頂きました。

  3. 8.32020

    福岡市(株)サワライズ社にて実演

    福岡にて不動産から医療まで幅広く事業展開されている株式会社サワライズ様の所有地にて、実演説明会を行い...

おすすめ記事

  1. 2019.11.20

    小学校と跡地でロボモア実演

    小学校等の廃校跡地で実演を行いました。
  2. 2019.11.8

    定期草刈りのすすめ

    定期的な草刈りのメリットひどく伸びないうちに刈るので時間と労力をカットできる年間を通して美...
  3. 2019.10.7

    デモンストレーション

    テスト用のロボット草刈り機で市内各所でデモンストレーションをはじめました。
ページ上部へ戻る