自動草刈り機をレンタルするメリットは?コードレス草刈り機の価格・サイズはお問い合わせを

自動草刈り機は、草刈り作業にかかる時間や労力を大幅に削減し、快適かつ効率的な作業を可能にする道具です。そんな自動草刈り機を導入したい方が最初に悩むことといえば、機械を購入するかレンタルにするかということではないでしょうか。まずは使ってみたい、お試ししてみたい方は、レンタルから始めるのがおすすめです。

この記事では、自動草刈り機の販売やレンタルを行う株式会社ASTが、自動草刈り機をレンタルするメリット、コードレス草刈り機を選ぶメリットについてご紹介します。自動草刈り機の導入をご検討中の方に役立つ内容なので、ぜひチェックしてみてください。

自動草刈り機をレンタルするメリットとは?

メリットと書かれた文字

自動草刈り機のレンタルには、以下のようなメリットがあります。

単発や年に数回の使用ならコストを抑えられる

自動草刈り機を単発で使用したい場合、もしくは年に数回程度の使用を考えている場合は、購入よりもレンタルの方がコストを抑えられます。あまり使用機会が多くない場合は、レンタルがおすすめです。

保管スペースが不要

自動草刈り機を購入する場合、保管スペースを用意しなければなりません。しかし、レンタルであればスペースは不要であり、置き場所を考える必要がありません。

メンテナンスやクリーニングの費用がかからない

自動草刈り機を使い続ける場合、メンテナンスやクリーニングが必要になります。しかし、レンタルならこれらの費用がかからず、すぐに使用できる状態で借りられます。

購入前のお試し

自動草刈り機を購入する前のお試しとして、まずはレンタルから始めてみるのもおすすめです。実際に使ってみて性能や使い心地を確かめた後に、購入するかどうか検討しましょう。

株式会社ASTでは、草刈りから充電まですべて自動で行うロボット草刈り機「KRONOS(クロノス)」の販売やレンタルを行っています。価格やサイズのお問い合わせ、現地調査やお見積りのご依頼でしたら、お気軽にご連絡ください。

コードレス草刈り機を選ぶメリットとは?

草刈り機を使用する業者

電動で動く草刈り機には、コードをコンセントに挿して使用するコード式草刈り機と、バッテリーで動作するコードレス草刈り機の2種類があります。ここでは、コードレス式の草刈り機を選ぶメリットをご紹介します。

電源を確保する必要がない

コードレス草刈り機はバッテリーで動くため、コード式のように電源を確保する必要がありません。充電さえしておけば、電源がない場所でも使用できます。また、自動草刈り機であれば帰還と充電もすべて自動で行うため、手間いらずです。

場所にとらわれずどこでも使える

コードレス草刈り機はコードでつながっていないため、コードの届く範囲でなくても使用可能です。また、コードを自分の足や障害物に引っかける心配もなく、安全に使用できます。

自動草刈り機なら、草刈りから帰還、充電まですべておまかせできます。大変な草刈り作業を効率化させたい方は、自動草刈り機の導入を検討してみてはいかがでしょうか。株式会社ASTでは、自動草刈り機「KRONOS(クロノス)」を取り扱っています。サイズや価格などの詳細は、お気軽にお問い合わせください。

自動草刈り機のレンタルなら!商品の価格・サイズのお問い合わせもお気軽に

自動草刈り機をレンタルするメリットには、導入コストを削減できる点や保管スペースが不要な点、メンテナンスがいらずすぐに使用できる点などがあげられます。また、コードレス草刈り機であれば使用場所を選ばず、どこでも快適な草刈り作業ができます。

株式会社ASTでは、自動草刈り機「KRONOS(クロノス)」のレンタルや販売を行っています。自動草刈り機の導入をお考えの方のご相談、商品のサイズやレンタル価格などのお問い合わせは、株式会社ASTまでお気軽にご連絡ください。

自動草刈り機のレンタルをご希望の方は株式会社ASTへ

社名 株式会社AST
代表者
  • 代表取締役 藤井 義太
  • 専務 畑山 正太
設立 2019年10月1日
資本金 100万円
住所 〒857-0042 長崎県佐世保市高砂町4−11−2F
TEL
FAX 0956-59-5167
問合メールアドレス support@innovation-ast.com
ホームページURL https://innovation-ast.com/
事業内容
  1. 自動草刈用ロボットの販売
  2. 自動草刈用ロボットのリース・レンタル
  3. 自動草刈用ロボットのを用いた草刈り代行事業及びサポート業務等を含めたフランチャイズ事業
  4. ハウスクリーリング及びハウスメンテナンス事業
  5. 護身術にセミナーの企画及びコンサルティング業務
  6. 地域の社会課題の解決に関連する事業
  7. 地方創生及び地域の活性化に繋がる事業
  8. 防災アプリケーションの開発、制作、販売
  9. 前各号はに付帯する一切の事業
ページ上部へ戻る