草刈り機で斜面を除草するポイント 斜面の除草は安定走行の自走式草刈り機がおすすめ

滑りやすく姿勢が保ちにくい斜面での草刈り作業。安全に作業するためには、雨や雪のあとなど特に滑りやすい日は避けた方が無難でしょう。また、斜面で草刈りを行う場合は、滑りや転倒といったトラブルを防ぐために、自分の足元や草刈り機の取り扱いにはより一層注意しなければなりません。

この記事では、自走式のロボット草刈り機を扱う株式会社ASTが、斜面での草刈りで考えられるリスクやその対策、斜面の除草に自走式草刈り機を導入する場合のポイントについて解説します。斜面での草刈りが多い方、平面でも斜面でも使用できる草刈り機をお探しの方はぜひ参考にしてください。

斜面での草刈りで考えられるリスクとは?スムーズに草刈りをするためのポイントも紹介

斜面での草刈り

平面での作業と違い、斜面での草刈り作業は不安定になりがちです。ここでは、斜面で草刈りをする際に考えられるリスクと、スムーズに草刈りをするためのポイントをご紹介します。

斜面の草刈りで考えられるリスク

斜面での草刈りは姿勢が安定しないため、バランスを崩してしまうおそれがあります。転倒によるケガだけでなく、最悪の場合は草刈り機の刃に巻き込まれてしまう危険性があり、斜面での草刈りにはより一層の注意が必要です。

また、雨や雪が降ったあとの斜面は滑りやすくなっています。滑り止めの靴を履くなどの対策が考えられますが、斜面が滑りやすくなっているときの草刈りはできるだけ避けた方がよいでしょう。

斜面でスムーズに草刈りをするためのポイント

斜面で草刈りをする場合は、下から上に向かって草刈り機を動かしていくのがおすすめです。上から作業を始めると、刈り取った草が下に落ちてしまい、下の除草作業の邪魔になってしまうからです。

また斜面で草刈りをする際は、滑り止めのついた靴を履きましょう。姿勢を崩した場合の滑りや転倒といった危険を減らすことができます。ただし、雨や雪のあとなど斜面が特別滑りやすくなっているときは、草刈りの作業自体を避けた方が無難です。

株式会社ASTの自走式ロボット草刈り機「KRONOS(クロノス)」は、最大20度までの斜面を走破します。草刈りから充電まですべて自動で行い、平面も斜面も安定した走行が可能です。草刈りにかかる手間を大幅に軽減してくれます。

自走式草刈り機で斜面を除草するなら「適用角度」の確認が必要!

人差し指を立てるサラリーマン

自走式草刈り機で斜面を除草する場合、斜面の草刈りに適した横滑りしにくいタイプの草刈り機を選ぶのがおすすめです。斜面で使用するケースが多い場合は、斜面用の草刈り機の導入を検討するとよいでしょう。

草刈り機には斜面の適応角度があり、選ぶ際は使用する場所の斜面がどの程度あるのか確認しておかなければなりません。なぜなら、斜面用の草刈り機であっても、使用する場所によっては適応しない可能性があるからです。自走式草刈り機を購入・レンタルする前に、販売会社に走破テストをしてもらいましょう。

長崎を拠点に草刈りに関する事業を行う株式会社ASTは、自走式ロボット草刈り機「KRONOS(クロノス)」のメーカー代行店です。「KRONOS(クロノス)」は平面だけではなく、地面の凹凸や斜面にも安定走行で対応可能です。自走式草刈り機の導入をお考えの方は、まずはお気軽にお問い合わせください。

自走式草刈り機は斜面や地面の凹凸でも安定走行!作業効率のよい草刈り機をお探しなら

斜面での草刈りは姿勢が崩れやすく、足が滑ってしまったり、転倒してしまったりといったリスクがあります。特に雨や雪のあとは滑りやすいため、草刈り作業は避けた方がよいでしょう。斜面でも安全に草刈りをするには、滑りにくい靴を履き、下から上に向かって作業していくのがおすすめです。

自走式のロボット草刈り機「KRONOS(クロノス)」は、平面だけではなく斜面の草刈りにも対応でき、安定走行で最大20度の斜面を走破します。作業効率のよい草刈り機をお探しでしたら、株式会社ASTへぜひご連絡ください。

斜面の草刈りに対応しているコードレスの自動草刈り機をお探しの方は株式会社ASTへ

社名 株式会社AST
代表者
  • 代表取締役 藤井 義太
  • 専務 畑山 正太
設立 2019年10月1日
資本金 100万円
住所 〒857-0042 長崎県佐世保市高砂町4−11−2F
TEL
FAX 0956-59-5167
問合メールアドレス support@innovation-ast.com
ホームページURL https://innovation-ast.com/
事業内容
  1. 自動草刈用ロボットの販売
  2. 自動草刈用ロボットのリース・レンタル
  3. 自動草刈用ロボットのを用いた草刈り代行事業及びサポート業務等を含めたフランチャイズ事業
  4. ハウスクリーリング及びハウスメンテナンス事業
  5. 護身術にセミナーの企画及びコンサルティング業務
  6. 地域の社会課題の解決に関連する事業
  7. 地方創生及び地域の活性化に繋がる事業
  8. 防災アプリケーションの開発、制作、販売
  9. 前各号はに付帯する一切の事業
ページ上部へ戻る